Runner in the High

技術のことをかくこころみ

依存関係について再び考える

izumisy-tech.hatenablog.com

  • あとからこの過去記事を読み返して「ムム」と思うところがあったので改めて。

  • CategoryId ではなく Category を引数として渡すことでデータ構造が隠蔽されているという旨の説明をしているが、これは fetchArtclesByCategory を呼び出す側の責務が「Categoryの データとしてIDが取れる」という知識を持ってしまうのを防げるという意味で書いたのではないかと思う。

  • けれどもその実装だと、結局 fetchArticlesByCategory 関数側が、引数として受け取る Category からIDを取り出すという処理をせなばならず、ID呼び出しでないという設計指針が fetchArticlesByCategory に対して Category への依存を与えてしまっている。

  • この依存が別に構わないという可能性もあり、たとえば Categoryドメインモデルなのであれば、そのドメインモデルに対して単方向の依存を持つクリーンアーキテクチャ的観点でいうところの外部のレイヤとして fetchArticlesByCategory が存在していると考えることもできるので、さほど問題を感じなくなる。

  • ところで fetchArticlesByCategory 関数を呼び出すのは、アプリケーションの責務のうち誰になるのだろうか... またまたクリーンアーキテクチャを考えてしまうが、おそらくユースケース層ではないかと思う。

  • DDD的観点: CategoryId を渡す場合においての別の懸念点としては、もしも CategoryIdCategory という集約ルートにおける値オブジェクトだとしたら、それを CategoryId 単体で受け取ってしまえるインターフェースもった関数 fetchArticlesByCategoryId があることで、利用者によって不変条件を保たずにつくられたおかしな CategoryId が渡ってくる可能性があるのではないかということ。正直ここは実装の問題のような気もするけど...