Runner in the High

技術のことをかくこころみ

830MGチップセットの呪い

いろいろしらべるうちに、このノートパソコン(fmv-6100mg2)に搭載されているチップセット、すなわち830MGは完全にIntelから見放された存在であることが分かった。彼らからしたら、そんなのもうかんけいありましぇーんといった感じらしい。

そしてさらに、830MGは酷いことにLinuxX Windowsとも恐ろしく相性が悪いらしいのだ。

いよいよ実機(不治痛FMV-BIBLO-NB10AL)にJoli OSを導入 

ここでも言われているように、ほとんどの場合では水墨画状態になってしまい、まともに起動すらしない。(しかしPuppyは例外だ)

しかし、上のサイトをみたところ、オプションの指定で有る程度緩和できるようす。Puppyのときも、チップセットが古すぎて、デフォルトで使うことになっているXOrgが使えず、XVesaを使えといわれていたが、やはりvesaで動くようにすれば使えるのかもしれない。

ということで、昨日試してみたのはSlax, PCLinuxOS, Lubuntu, Linux mintだが

いまのところ全て撃沈している(虚